歯科矯正メニュー

  • 医院案内
  • お子様の歯列矯正について
  • ビムラー矯正
  • 治療例・お客様の声

デンタルクリニック

デンタルクリニック

デンタルクリニック

吉川歯科医院

大阪で歯科矯正なら吉川歯科医院へ

| 矯正の種類と料金

矯正の種類 歯列矯正には様々な種類があります

名称

床矯正

マウスピース

唇側矯正、ブラケット

ビムラー矯正

対象

4歳~12歳の子どもに最適。

軽度の乱杭歯や曲った歯などの症状に限る。主に大人が対象。

主に大人が対象。

4歳~12歳の子どもに最適。

メリット

治療してくれる医院を探しやすい。

取り外しが可能、装置が目立たない。

多くの症状に対応できる。

個人の持つ筋力を利用するので負担が少ない。装着時間が短く、取り外しが可能。
比較的低価格。

デメリット
(負担)

訓練、食事指導等、保護者の方にも負担がある。

治療できる症状が限られている。交換費用が定期的に発生。

メタルなどのワイヤーを通すため違和感を感じやすい。(固定式)

装着を忘れると治らない。

唇側矯正・ブラケットとは

一般的な矯正方法で、歯の表面に『マルチブラケット装置』という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定させることで、歯を引っ張っていきます。ブラケット装置の役割は、歯にワイヤーの力を均一に与えるためのもの。ワイヤーが外れてしまっては治療効果があがりませんので、ブラケットからワイヤーが外れないように、ゴムなどでしっかり固定させていきます。こうして、歯は長い時間をかけてゆっくりと移動し、理想的な歯並びとなるのです。
ブラケットの素材はメタルが主流のため、口をあけると金属が目立ちます。最近ではセラミック製のブラケットなど、あまり目立たないものが増えきました。その反面、メタルに比べ壊れやすく、料金も少々高めというデメリットもあります。どちらを選ぶかは自己判断ですが、両方のメリット・デメリットなどを比較した上で決めましょう。
一方、ワイヤーの素材はメタル(金属)が主流です。そのため「固くて簡単には曲がらないでしょ?」なんて、思っている方も多いようです。意外にも、このメタルはしなやかで曲げやすく、歯の形に併せて自在に巻くことができます。
最初は細いワイヤーから始めるので歯にかかる力は弱く、ひどい痛みに悩まされることはありません。その後、歯の状態などを見ながら太めのワイヤーに変えていき、歯並びを整えていきます。

マウスピースとは

ブラケットやワイヤーを使わず、透明なプラスチック製の矯正装置を口の中に装着する方法です。メリットは矯正装置がまったく目立たないということ。またブラケットやワイヤーのように、口の中の違和感がなく、自分で取り外しができます。
この方法で矯正できるのは、軽度の乱杭歯や曲った歯など症例が限られます。また、装着時間も1日18時間~20時間と長いため、根気がないとなかなか続きません。半年~8か月ほど部分矯正を行い、その後マウスピース矯正に切り替える方式が、最も効果的です。

矯正の種類 一体どの矯正方法を選べばいいの?

「矯正をするならこれがいい」といった結論を出すことはできません。症状や、年齢によってお勧めできる矯正方法が異なるためです。また、歯科医院によっても得意・不得意、できる・できないがあります。

当院の最も得意とするビムラー矯正は、4歳~12歳のお子様に最も効果を発揮する矯正方法です。お子様はもちろん、大人の方に対しても、診察・カウンセリングを実施した後、患者様に合った矯正の方法を提案いたしますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

ビムラー矯正に関しましては、ビムラー矯正を勧める理由もご参照ください。

お問い合わせ

〒 550-0014 大阪府大阪市西区北堀江2-8-3(西大橋駅すぐ) 大きな地図で見る

■ 最寄駅:西大橋駅(地下鉄長堀鶴見緑地線) 3番出口 徒歩3分 ・ 西長堀駅(地下鉄四つ橋線) 2番出口 徒歩10分

診療時間

9:30~13:00

×

15:00~19:00

×

※ 受付時間は30分前です。
※ 第2・4土曜日診療しております。 (最終受付16:00、16:30まで診療致します)